小山薫堂さんワークショップ

2014年の秋に対外経済貿易大学(中国・北京)で開催した脚本家・放送作家の小山薫堂さんによるワークショップのハイライト映像が完成しました。テーマは「人を喜ばせるということ。その具体的な方法」。

9大学10チームは各チームとも中国人と日本人留学生の混成6人、計58人。

ワークショプ講師 : 小山薫堂さん
日時:10月12日2014年
参加大学 : 10大学・58名
スポンサー: Panasonic・JAPAN AIRLINES
主催: Billion Beats / 対外経済貿易大学
会場:対外経済貿易大学
編集:Billion Beats
アートディレクター&ポスター:青山周平さん

参加大学 / 北京大学・北京大学(パナソニック育英基金奨学金授与学生)・北京第二外国语学院・北­京师范大学・北京语言大学・北京外国语大学・中国传媒大学・对外经济贸易大学・东北芸­术工科大学(日本)・清华大学

ワークショップ映像

(中国国内から見る場合)




日中こども100人写真展

そこにいるだけで生命の輝きを感じさせてくれる子どもたち。
1万人を超えるおとなを巻き込んだ100人の日中の子どもたちの写真と言葉を前にして、私たちおとなは改めて、健やかな未来への意思を確かにしました。私たちが思い描く健やかな未来とは、政治や経済などおとなの事情とは無関係に、ただ子どもたちがひとりの子どもと子どもとして出会い、友達になり、ときにはけんかもしながら知り合っていく場所。それはきっと、広々とした、ただきれいな草や花がさく、野原です。
子どもは出会っていく力を持っています。私たちおとなは、彼らが出会うための野原を つくっていくことが私たちおとなの役割なのだろうと、この PJ でたくさんの子どもたちや その親たちから教わりました。

(左)北京展ロゴ・デザイン:迫慶一郎さん

4都市巡回展が無事に終了しました。ここにご報告申し上げます。

◯会期中の来場者数
上海:約250人(1日) 花園飯店
北京:1163人(6日間) 世紀壇当代芸術館
福岡:2490人(7日間) 九州国立博物館
東京:6196人(4日間) 増上寺・ TOKYO PHOTO 計 11099人

◯ご寄付いただいた個人や企業
上海:162人
北京:223人 35社
福岡:155人 31社
東京:225人 23社
計 745人 89社

上海展の映像  |  東京展の映像  | 福岡展の特別サイト

日中こども100人の写真展 北京映像

(中国国内から見る場合)



「ガンバレ、ニッポン」160人の外国人からのメッセージ

3.11.2011の東日本大震災を受けて、世界中から応援の声が届きました。



「ガンバレ、ニッポン」100人の中国人からのメッセージ

3.11.2011の東日本大震災を受けて、100人の中国人から応援の声が届きました。




BB Cafe

2014年の春、ウェブから飛び出しリアルでカジュアルな交流の場となる「BB Cafe」をオープンしました。BB Cafeでは新しいアイデアや企画が生まれる空間を創造するため、ブロガーをお呼びして参加者とのクロストークやワークショップなどを企画・運営しております。

BB Cafeの「共有すること」という発想を広げ、BBコミュニティ文化の創造・実践に相応しい空間作りを今後も展開していきます。

カフェの様子はこちらから