第5回 長江商学院MBA Coco(女性)28歳

(写真)北京郊外で、戦場さながらのリアル対戦型レイザーシューティングゲームで遊んできました。 勉強と同様に、遊びもみんな本気モード

<プロフィール>
1982年生まれの一人っ子、吉林省出身。母親は中学校の数学教諭で、教育熱心な家庭に育つ。母親の影響もあり、中学・高校では猛烈に勉強し、成績トップクラスで卒業。大学では得意の数字が活かせる会計を専攻。大学卒業後は、企業内コントローラーとして、外資系企業3社で経験を積んできた。将来はCFO(最高財務責任者)を目指しており、そのために幅広いマネジメント知識が必要と感じ、長江商学院MBAに入学。今週末に、日本で7年間留学仕事経験がある彼との結婚式を控え、勉強と結婚式の準備に大忙しの日々を送っている。

「暇があったら勉強しなさい」が口癖の母と、遊びに連れ出してくれた父。猛勉強で地元のトップ大学へ

Q. 子供の頃、両親はどんな人だった?

A. 父親はプラント会社勤務、母親は中学校の数学教諭で教育熱心な母だった。母親からは「暇があったら、勉強しなさい」というよく叱られたものだ。父親は勉強ばかりしている私を見て、外に遊びに連れて行ってくれた。寛容で優しい父親だ。

Q. 中学、高校、大学時代はどんな生活だった?

A. 中学では最初の2年間、母親が私の数学の先生で、とにかく数学だけは一番を目指して勉強していた。基本的に勉強は好きで他の科目もよくでき、中学卒業時の試験では全学年で3番の成績だった。高校でも勉強の毎日で、成績は常に上位5番以内。しかし、大学入学ための全国一斉テストの結果は北京の有名大学の入学基準にあと一歩届かず、地元の吉林省長春にある有名大学に入学することになった。高校の同級生の半分は大学へ、半分は軍隊に入隊した。軍隊に入った同級生は3年ほど勤務した後、親の会社か政府が用意する国営企業に就職するのが一般的だ。大学ではCPA(公認会計士)の勉強に特化したクラスに入り、会計や経済系の科目を中心に勉強した。

年収は国営企業の2倍。外資系企業3社を渡り歩いて、アパートはすでに購入済み。夢は外資系企業のCFO。同郷の彼ともうすぐ結婚

Q. これまでのキャリアは?

A. 大学での専攻を活かし、企業内コントローラーとして、単身、故郷から遠く離れた江蘇省蘇州にあるシンガポール系半導体企業でキャリアをスタート。2年後、世界的に有名なドイツ系紙パック製造会社に転職。ここのCFOに特に気に入られ、職場環境や待遇はとてもよかった。一般的に、外資系企業の給料は中国企業の1.5倍から2倍程度で魅力的。大学では貧乏生活だったが、社会人になってからは稼いだ給料で、大好きな洋服や化粧品などを買いまくった。銀行からお金を借りてアパートを買ったため、貯金はあまりしなかった。職場はとても気に入っていたが、蘇州が上海に近いこともあり、気候や方言などの違いに数年経っても馴染めず、北京に行くことに決めた。外資系風力発電会社にマネジャー一歩手前のコントローラーとして転職した。北京は私にとってはとても過ごしやく、大好きな街。中国は広いので、自分にあった街を選ぶことは大事だと思う。

Q. なぜ長江商学院MBAを選んだの?

A. 将来はCFO(最高財務責任者)を目指しており、そのために幅広いマネジメント知識が必要と感じていた。また、今後も外資系企業で働きたいので、英語で行われるMBAを探していた。長江商学院は中国ではとても有名なビジネススクールで、卒業生のビジネスネットワークは魅力的だ。

Q. 卒業後の進路は?

A. これまでは会計実務に関わる仕事が多かったので、卒業後は財務実務に従事し、CFOに必要な業務を幅広く経験していきたい。また、早期にマネジメントポジションに就きたい。前の会社のCFOからは卒業後に戻ってこないかと誘われている。合弁相手探しやデューデリジェンス業務、コマーシャルマネジメント業務などができるようだ。だが、既に他の会社にもアプライしており、最終的には複数の選択肢から自分にベストな進路を決めるつもりだ。今週末に彼との結婚式を控えており、今後はワークライフバランスを大事にしていきたいと思う。彼と私の実家は近く、両親もお互い直ぐに会え、とても喜んでくれている。彼は日本で7年間、大学留学や仕事の経験があり、一度は日本に遊びに行ってみたい。



Akinori Ouchi

投稿者について

Akinori Ouchi: 現在、総合金融グループの香港拠点で中華圏事業投資に従事。 1980年11月生まれ。大学在学中に日本の公認会計士試験(旧第二次試験)に合格。 大学卒業後、米系投資銀行でIPO引受/M&Aアドバイザリー、ネット系ベンチャーで事業開発を担当。 30代は「海外で活躍する」という夢を実現しようと、29歳のときアジアの時代に中国のトップビジネススクールである長江商学院に私費MBA留学。優秀なクラスメートたちに刺激され、卒業後は中国に残ることを決意。 留学や仕事で4年過ごした北京を離れ、2014年7月から香港へ移住。